水のトラブルに繋がる赤サビの影響と有効な対策方法

水道管にできた赤サビによって起こるトラブルと健康被害 水道管にできた赤サビによって起こるトラブルと健康被害

赤サビは住宅にも影響を与える

修理

赤サビが発生した水道管をそのままにしておくと、住宅そのものに影響を与える水のトラブルに発展しかねません。そのため、業者のアドバイスする対策法を覚えておきましょう。

寿命がきた水道管は取り替えが必要

水道管も消耗品ですので取り替えしなくてはいけません(30代/男性)

赤サビは、水道管の寿命すら縮めてしまう水のトラブルです。いったん、赤サビが発生してしまうと、水道管は元に戻ってはくれません。鉄自体の酸化が進み、水道管内はどんどん赤サビで膨れ上がってくるのです。すると赤水が出るだけでなく、水の流れまで悪くなり、水道管が水漏れを始めたり、水の詰まりが発生したりすることもあります。そもそも、鉄製の水道管は消耗品で、いずれは必ずサビるものだと思っておいがほうがよいのです。水道管の交換をためらったがために、パイプに亀裂が走ったり、もっと被害が大きくなったりする恐れもあります。赤サビを発見し、被害が広がってきたと思ったら、早めに水道管の取り換え工事を検討する必要があるのです。

取り替え工事は大掛かりになります(40代/男性)

赤サビの発生から、水道管の取り換えが必要となったら、早めに行動を始めるのが妥当です。なぜなら、水道管の取り換えは簡単に行えることではなく、大掛かりな工事になるためです。水道管は、地中や壁の内部、天井裏などに施工されています。つまり、水道管の交換をするために、土を掘り起こしたり、壁を取り壊したりしなければならないわけです。実際、水のトラブルから水道管の交換の必要が出て、住宅を建て直したというケースも珍しくありません。水道管の取り換えは、専門業者に依頼する必要のある工事です。

リフォーム工事と同時に行なうとコスト削減

赤サビによる水道管の取り換え工事が必要になったら、リフォームするタイミングなどを見計らって水道管工事を行なうとコストを削減できます。リフォームをする予定がないという場合も、水のトラブルの専門業者によく相談をしてみることをおすすめします。最適な方法で赤サビ対策を改善し、より良い生活ができる住宅環境を目指しましょう。

TOPボタン